BtoBにおけるマーケティングオートメーションのメリット

リードを自動で育成できる

マーケティングにおいてはリードをいかに育成して顧客にするかが大きな課題としてよく挙げられています。マーケティングオートメーションのメリットはシードの育成を自動化することができる点です。顧客データベースに対象となるリードについての情報を登録しておくことで、業種や企業規模などに基づいた適切な内容のアプローチをすることができます。マーケティングをする上では新しいリードを獲得することも大切ですが、リードを育成して購入につなげなければ利益を生みだすことはできません。マーケティングオートメーションによって今までに蓄積してきたリード全体に常にアプローチをかけていくことができるようになり、効率的な育成を実現できます。

マーケティングの効率化

BtoBのビジネスではマーケティングにもかなりの工数がかかるため、マーケティング担当者の負担が大きくなりがちです。マーケティングオートメーションによって情報収集やメール配信などを自動化することによって工数を削減することができ、マーケティングの効率化を実現できるのはメリットでしょう。最初にデータベースを作成するための労力がかかるものの、その後は運用のために大きな工数がかかることはありません。特にリードの数が多いときには工数の削減効果が大きいので費用対効果が高くなります。これによってマーケティング担当者に自動化が難しい業務や顧客との対面交渉などに重点を置かせることができるため、リソースの最適な活用を実現できます。