BtoCにおけるマーケティングオートメーションのメリット

訴求力の向上で販売チャンスが拡大する

マーケティングオートメーションをBtoCで活用するメリットとして、販売チャンスが拡大することが挙げられます。マーケティングオートメーションでは個別化を重視したアプローチを取りやすいのが特徴で、顧客を属性や興味などでセグメントに分け、それぞれに対して訴求力のある方法でアプローチすることが可能です。この一連の作業を自動化できるのがマーケティングオートメーションの優れている点で、最初にデータベースさえ作成してしまえば後は基本的に放置できます。セグメントに分けたことで興味の対象になる情報ばかり受け取ることになるので、顧客が購入したいと考えてくれることが増え、販売チャンスが拡大することになるという仕組みになっています。

コミュニケーション機会の増加を期待できる

デジタル化されたデータを追跡することによってコミュニケーション機会を増やせるのもマーケティングオートメーションのメリットです。BtoCのマーケティングでは顧客一人一人の行動を追跡するのは困難になりがちですが、自動化をしてしまえばネットワーク上のアクションは一通り情報を集めることができます。例えば、ECサイトでどのページを閲覧したか、情報資料サイトでどの資料をダウンロードしたかといった情報から、どんな商品やサービスを売り込んだら良いかを判断することが可能です。それに合わせて自動でメール配信をしたり、オフィシャルサイトにアクセスしたときに広告を表示させたりすることでコミュニケーションを取れるようになります。